そこはかとなく書くよん。 http://tdoc.info/blog/ Python、Ansible, Sphinx、golang、PostgreSQL、翻訳、などをだらだらと en-us Fri, 01 Sep 2017 00:00:00 +0900 http://tdoc.info/blog/2017/09/01/alpacajoin.html http://tdoc.info/blog/2017/09/01/alpacajoin.html <![CDATA[近況]]> 近況

(TODO: ここに例の画像を貼ること)

早いもので、2014年にツキノワに入社してからまる三年が経ちました。その間、MQTTやAnsibleそしてgolangなどに関するたくさんのお仕事をして、たくさんの人のお世話になりました。大変感謝しております。

ぶっちゃけ、

  • GolangによるWebサービス実装
  • Ansibleのコンサルや講師業
  • EnOcean機器のプロトコル実装やBLE制御
  • MQTTサービス Sangoの開発、運用
  • 秒間n千 x m のログの解析基盤実装
  • PHPのWebAPIをGolangでリライト
  • Reactによるフロントエンド実装
  • React-Nativeによるアプリ実装 (Android実装含む)
  • Vue.jsによるフロントエンド実装

という感じ(これでもごく一部)で、上から下までいろいろなことが経験できたのは、ツキノワのおかげです。

んで?

どういうことかというと、Alpaca Japanに9月1日から入社しました。この会社は証券会社や銀行等に対して、為替の取引シグナルを提供したりしています。詳しくはこのあたりのリリースを。

ぼくは、こんな記事を書いたように元々金融とか為替とかには興味があり、今年は機械学習をやってみたいなぁ、と思っていたところ、いろいろな縁が重なり、仕事としてやっていくことになりました。

仕事としてといいつつ、実際の機械学習については他にいい人が複数人いるので、ぼくがやることは今までの経験を活かして、

  • 計算機環境の整備・運用・監視 (必要な時に必要な量を!)
  • データ取得
  • 前処理
  • 結果保存
  • モデル評価・検証に必要なサービスの実装
  • UIや管理画面実装 (Webもネイティブも)

等々をやる予定です。つまり、機械学習エンジニアは機械学習そのものに集中してもらい、それ以外のすべてを巻き取る、というお仕事です。

ですので、機械学習エンジニアを絶賛募集中です。

ところで、以前、 uupaaさんがこんなTweetを出していました。なお、これは引用しただけで、uupaaさんはAlpacaとは関係ないです。 (当初誤解を招くような表現を書いてしまい、申し訳ありません。)