このエントリーをはてなブックマークに追加

Mercurialとnagios,zabbixでコミット回数のグラフを書く

グラフと言ってもリビジョングラフではありません。

mercurialでは--templateを使うことでlogの表示をカスタマイズ出来ます。

% hg log --template '{author} {date} {rev}\n'

さらに、フィルターを使ってこの表示を変えてやることができます。例えば、dateにはageというフィルターをかますことが出来て、これをやると、30seconds agoなどとなります。

で、これを利用して、過去一時間以内、すなわち、{date|age}がsecondsかminituesである行をnagiosやzabbixに送ってやります。

hg log --template '{date|age}\n' | grep -e "[sec|min]" | wc -l

こうしてあげると、コミットされるたびにグラフがピョコンとでる、というわけです。

や、コミットフックを入れるのはちょっとなんなんで…