Posted in 2014

AnsibleのFact Cachingを使う

この記事は Ansible Advent Calendar 2014 の3日目の記事です。

Read more ...


net/httptestでgojiのテストをする

goji でWebアプリを書こうとしていま す。APIサーバーとして使うときに、テストが気になります。

Read more ...


WICED SenseをIntel Edisonから使う

WICED Sense というデ バイスがあります。これはBroadcomが作っているBLEタグ です。BLEに加えて、以下の5つの MEMS センサーが搭載されています。

Read more ...


sangoの使い方 -- C#編

これまでppatiernoさんが開発していたMQTTライブラリ m2mqtt がpahoに寄贈されました。

Read more ...


sangoの有料プランを開始しました

ご好評頂いております、GitHubアカウントだけ用意すればすぐにMQTTが使える ようになる MQTT as a Service: sango に有料のスタンダードプランが導入されました。もちろん無料のプランはその まま使いつづけられます。

Read more ...


vultrで時間課金のwindowsを動かす

東京にデータセンターがある、vultrというVPS屋さんがあります。 ( 以前のエントリー も参照)

Read more ...


Ansible コーディング規約 (の例)

edX がgithub上でAnsibleのコーディング規約を公開しています。

Read more ...


sangoの使い方 - Ruby編

Rubyからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Python編

Pythonからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - JavaScript WebSocket 編

ブラウザのJavaScriptからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Java 編

Java からsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Golang編

Go言語からsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoとmqttcliでMQTTを使うMicroServiceを作る

MicroServiceが微妙にバズりつつあるところですが、ここで sangomqttcli でMQTTを使ったMicroServiceを作ってみましょう。

Read more ...


vultrを使ってみる

今までDigitalOceanを使っていましたが、 vultr というところが半年ほど前から東京 リージョンで動いているということを今更ながら知り、試しています。

Read more ...


MQTT as a Service: Sango のリリースをお手伝いしました

本日 2014年8月29日より、親会社の 時雨堂 はMQTT をインターネット上で簡単に利用できるサービスである「Sango」を提供開始しまし た。

Read more ...


golangのWebフレームワーク、revelの機能紹介

golangでのweb application frameworkはいろいろなものがあります。その中 でどれがいいのかというと、どれも鋭意開発途中だし、新しいのも出てくるし でなんとも言えません。

Read more ...


入門Ansibleを出版しました

この度「 入門 Ansible 」を、Amazonにて出版致しました。

Read more ...


ツキノワ株式会社に入社しました

本日、2014年8月1日付で ツキノワ株式会社 に入社しました。 CTO(ざつよう) としてがんばっていきたいと思います。

Read more ...


influxdb性能評価

influxdbを試しに触ってみました。

Read more ...


ansibleで実行対象を切り替える方法

本番環境、検証環境、開発環境など、複数の環境を持っており、それごとにサー バーや設定が異なる、ということはよくあると思います。

Read more ...


rotunicodeを使う

いつか使う時の備忘録のために書いておきます。

Read more ...


docker containerに対して直接ansibleを実行する

まだ試作段階ということをご承知おきください。ツッコミ大歓迎です。

Read more ...


CoreOSのイメージ作成

CoreOSは自分でイメージを作成することもできます。自分でイメージを作成す るとパスワードを設定したり、host側に事前にソフトウェアを入れたりと言っ たことができます。(あまり利点が分かってない)

Read more ...


Ansible 1.5リリース

Ansibleの1.5がリリースされました。

Read more ...


riakのhandoffについて調べたこと

source code readingに向けて、riakのhandoffについて詳細を調べることとし ました。

Read more ...


ansibleのログをfluentdに流す

Chef のログを Fluentd に流す という記事を読みました。Ansibleにもそのための機能があるにも関わらず、あ まり情報がないのでまとめてみました。

Read more ...


WiresharkでMQTTパケットを見る

別のLuaプラグインがありましたので追記します。(2014/02/26)

Read more ...


MQTTについてのまとめ

MQTT As a Service: sangoをリリースしました

Read more ...


Ansibleを使ってリモートでコマンドを実行する

前回の記事 でAnsibleが単なる構成管理ではなく、オーケストレーションというところまで 踏み込んだ設計をしているという話を述べました。

Read more ...


Ansibleのアーキテクチャー: 構成管理を超えて

すでに2月ほど経っていますが、2013/11/29にAnsible WorksのCTOであるMichael DeHaanさんが、 Ansible’s Architecture: Beyond Configuration Management という記事を書いています。

Read more ...


pipの使い方 (2014/1バージョン)

以前 pipの使い方 と いう記事を書いたのですが、これは2011年の1月と、ちょうど3年前です。これ から随分変わったので、ここでもう一度まとめたいと思います。

Read more ...


Riak 2.0のPlumtreeを読む

昨年のRiakアドベントカレンダーでしのはらさんが、 Riak 2.0 : クラスタ全体のデータ共有を効率 という記事を書かれています。

Read more ...