このエントリーをはてなブックマークに追加

vultrを使ってみる

今までDigitalOceanを使っていましたが、vultrというところが半年ほど前から東京リージョンで動いているということを今更ながら知り、試しています。

一番安いプランで

  • $5/月 or $0.007/時
  • メモリ: 768M
  • SSD: 15GB
  • 帯域: 1000GB (東京リージョンだと200GB)

です。SSDなのはいいですね。Digital OceanはSSD 20GBですが、その代わりメモリが512MBです。ディスク容量はいらないので、メモリが多いほうが嬉しいですね。

東京リージョン

pingの結果は

round-trip min/avg/max/stddev = 13.621/14.480/15.430/0.556 ms

と、平均14msec! さすが東京リージョンです。

Digital Oceanのシンガポールでは

round-trip min/avg/max/stddev = 83.428/89.205/129.731/12.856 ms

と、平均89msec。vultrと比べるとさすがに遠いですね。

Windowsも対応

vultrは、以下のイメージに対応しています。

  • CentOS 7/6/5
  • Ubuntu 14.04/12.04
  • Debian 7
  • FreeBSD 10
  • Windows 2012 R2

それにくわえてCustom Imageに対応しています。特にWindowsイメージが使えるのは大きいです。

startup script

「startup script」というものがあり、インスタンス作成時に指定したstartup scriptを実行してくれます。

今回以下のようなスクリプトを作成し使ってみています。githubから鍵を取ってきて登録する流れですね。ubuntuで動作確認していますが、CentOSなどでは違うと思います。

これを使うとすぐにユーザーの設定が出来ます。ansible-pullを使ってみるのもいいかもしれませんね。

本当はDigital Oceanのように事前に鍵を登録できればいいのですけど。

#!/bin/sh

USER=shirou
GITHUBUSER=shirou

useradd ${USER} -m
wget https://github.com/${GITHUBUSER}.keys -O /tmp/${GITHUBUSER}.keys
mkdir -p /home/${USER}/.ssh
chmod 700 /home/${USER}/.ssh
cat /tmp/${GITHUBUSER}.keys >> /home/${USER}/.ssh/authorized_keys
chmod 600 /home/${USER}/.ssh/authorized_keys
chown -R ${USER} /home/${USER}
rm -f /tmp/${GITHUBUSER}.keys

# =============
# SSH Support
# =============
echo "${USER} ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL" >> /etc/sudoers
echo "PermitRootLogin no" >> /etc/ssh/sshd_config
echo "PasswordAuthentication no" >> /etc/ssh/sshd_config
/etc/init.d/ssh restart

で、どうなのよ?

安いし、IPv6対応しているし、なんといっても東京リージョンで速い。Webコンソールがあるのですが、この動作もかなりキビキビしています。

さらに、まだベータ版ですがスナップショット機能もありますし、APIも揃っています。Two Factor Authもあります。

お試し中ではありますが、今のところかなり魅力的だと思います。

難点は起動が遅いところでしょうか。もちろんSSDなので早いのですが、GCEの速度に慣れると遅く感じてしまいます。あとは前述の鍵の部分ぐらいでしょうか。

なお、こちらから登録していただけると、$10入りますので、ぜひともこちらからお願いします〜。