Posts by shirou

pecoでSSM start sessionの対象を選ぶ

最近踏み台サーバーをやめて、AWS SSM(System Manager)のstart-sessionでノードに入るようにしています。(そもそもノードに入ることが少ないのですが)

Read more ...


AWS上のkubernetesでGPUを使う

ということで、今日は、AWS上のk8sでGPUを使ってみましょう。

Read more ...


Headless ChromeをSeleniumから動かすDockerイメージ

Headless ChromeをSeleniumから動かしたいです。どうせやるならDockerで、と思って作りました。

Read more ...


X1 CarbonのVirtualBoxでxubuntuを使う

転職直後に家庭内パンデミックに見まわれいろいろやばいことになってましたがようやく回復してきました。

Read more ...


近況

(TODO: ここに例の画像を貼ること)

Read more ...


direnvでvenv環境を自動でactivate

(おことわり) この記事は途中で挫折していますので、できた方の報告をお待ちしております。

Read more ...


goaのdesignからもっといいJSコードを生成する

goa 便利ですね。designからサーバーコードが生成できるし、 Swagger でドキュメントも生成できるし。

Read more ...


goaを書く時に知っておくとちょっと便利なこと

goa を書く時に知っておくと便利なことを記しておきます。

Read more ...


#kaneの話

(この記事は pyspaアドベントカレンダー2016 の14日目です)

Read more ...


go-swaggerを使う

この記事は Go (その2) Advent Calendar 2016 の7日目の記事です。

Read more ...


eawsyのaws-lambda-goを使ってみる

AWS lambdaは昨今人気ですね。しかし、実行環境がpython、java、nodeだけです。ぼくはpythonも結構やってきましたが、近頃ずっとgoを使っており、goで実行できると良いなと思っていました。

Read more ...


Docker swarmを試してみた

docker swarmは気軽に使えてとても良いが、実運用は自分でちゃんと試してからの方がよさげ。

Read more ...


DockerコンテナでAnsibleをテストする

Ansible 2.0になり、Docker connection pluginが標準で入りました。これにより、Docker内にsshdを立てることなくAnsibleを直接実行できるようになりました。

Read more ...


DBから直接golangのモデルを生成するxoのご紹介

Webアプリを開発している時に、DBのモデル定義の方法にはいろいろなやり方があると思います。

Read more ...


書評: 初めてのAnsible

「初めてのAnsible」 という本がオライリージャパンから発売されました。その本を頂いたので、読んでみました。

Read more ...


Goのバイナリサイズを削減する

Goは1バイナリになってとても良いのですが、その1バイナリが結構大きいのがちょっとネックになる場合もあります。

Read more ...


AWS Lambdaで効率的にgoバイナリを実行する

最近LambdaとAPI Gatewayを結構使ってて、これはいいな、と思っていたところ、 AWS LambdaでJavaとNode.jsとGoの簡易ベンチマークをしてみた という記事を見かけたので、関連した記事を書いてみます。

Read more ...


Ansible Docker Connection Pluginを使う

1年以上前の2014年4月にこんな記事を書きました docker containerに対して直接ansibleを実行する それからいろいろあって、Ansible 2.0では標準でDocker Connection Pluginが入っています。(といってもぼくの実装ではありませんが)

Read more ...


AWS IoTにmqttcliからつなぐ

mqttcli という、CLIで動くMQTTクライアントを開発し、公開しています。

Read more ...


AWS IoTおよびThing Shadowsに関する雑感

注意: この文章には思い込みが含まれています。

Read more ...


WEB+DB PRESS vol88にMQTTの記事を書きました

2015年8月22日発売の WEB+DB PRESS vol88速習 MQTT というタイトルでMQTTに関する記事を書かせていただきました。

Read more ...


EdisonでgolangからBLEを扱う

Intel Edison が人気です。特に、WiFiとBLEが両方とも使えるのは非常にIoT向きといえるでしょう。

Read more ...


CのヘッダファイルからGoの構造体を生成する

Gocon 2015で発表しませんでした。

Read more ...


Server Side React with PostgreSQL

Reactjsいいですよね。うちでもすでにReactで書いたサービスを動かしています。

Read more ...


Ansible 1.9がリリースされました

2015年3月25日にAnsible 1.9がリリースされました。結構な量が追加・変更されていますので、ここでリリースノートを訳してみなさまのお役に立てればと思います。 基本的に互換性が確保されていますので、playbookを書きなおす必要はないと思います。ただし、gitモジュールなどのバージョン管理システム用のモジュールでローカルに変更があると失敗するという、安全側に倒した変更がされていますので、その点でplaybookを変更する必要があるかもしれません。

Read more ...


golangをDockerでデプロイする

(golangでDocker上にデプロイする際に得られた知見を共有します。間違いやもっといい方法があればご指摘下さい)

Read more ...


MQTTのMQはMessage Queueではありません

MQTT は "Message Queueing Telemetry Transport"の略である、との言説をたまに見かけます。しかし、使ったことがある方なら分かるように、MQTTには Queueの機能はありません 。MQTTのMQは Message Queueの略ではありません。

Read more ...


Go 1.4でstatic binaryを作成する

(この文章はわりとメモ書きです。間違っていればご連絡下さい)

Read more ...


(翻訳): Ansibleを使ったデプロイに関する一考察

(訳注: この記事は Thoughts on deploying with Ansible の翻訳です。著者のRamon de la Fuente さんから許可を得て、翻訳・公開しています。元記事の公開は2014年6月ですが、2015年1月現在にも通用する話だと思います)

Read more ...


AnsibleのFact Cachingを使う

この記事は Ansible Advent Calendar 2014 の3日目の記事です。

Read more ...


net/httptestでgojiのテストをする

goji でWebアプリを書こうとしていま す。APIサーバーとして使うときに、テストが気になります。

Read more ...


WICED SenseをIntel Edisonから使う

WICED Sense というデ バイスがあります。これはBroadcomが作っているBLEタグ です。BLEに加えて、以下の5つの MEMS センサーが搭載されています。

Read more ...


sangoの使い方 -- C#編

これまでppatiernoさんが開発していたMQTTライブラリ m2mqtt がpahoに寄贈されました。

Read more ...


sangoの有料プランを開始しました

ご好評頂いております、GitHubアカウントだけ用意すればすぐにMQTTが使える ようになる MQTT as a Service: sango に有料のスタンダードプランが導入されました。もちろん無料のプランはその まま使いつづけられます。

Read more ...


vultrで時間課金のwindowsを動かす

東京にデータセンターがある、vultrというVPS屋さんがあります。 ( 以前のエントリー も参照)

Read more ...


Ansible コーディング規約 (の例)

edX がgithub上でAnsibleのコーディング規約を公開しています。

Read more ...


sangoの使い方 - Ruby編

Rubyからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Python編

Pythonからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - JavaScript WebSocket 編

ブラウザのJavaScriptからsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Java 編

Java からsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoの使い方 - Golang編

Go言語からsangoを使う方法について説明します。

Read more ...


sangoとmqttcliでMQTTを使うMicroServiceを作る

MicroServiceが微妙にバズりつつあるところですが、ここで sangomqttcli でMQTTを使ったMicroServiceを作ってみましょう。

Read more ...


vultrを使ってみる

今までDigitalOceanを使っていましたが、 vultr というところが半年ほど前から東京 リージョンで動いているということを今更ながら知り、試しています。

Read more ...


MQTT as a Service: Sango のリリースをお手伝いしました

本日 2014年8月29日より、親会社の 時雨堂 はMQTT をインターネット上で簡単に利用できるサービスである「Sango」を提供開始しまし た。

Read more ...


golangのWebフレームワーク、revelの機能紹介

golangでのweb application frameworkはいろいろなものがあります。その中 でどれがいいのかというと、どれも鋭意開発途中だし、新しいのも出てくるし でなんとも言えません。

Read more ...


入門Ansibleを出版しました

この度「 入門 Ansible 」を、Amazonにて出版致しました。

Read more ...


ツキノワ株式会社に入社しました

本日、2014年8月1日付で ツキノワ株式会社 に入社しました。 CTO(ざつよう) としてがんばっていきたいと思います。

Read more ...


influxdb性能評価

influxdbを試しに触ってみました。

Read more ...


ansibleで実行対象を切り替える方法

本番環境、検証環境、開発環境など、複数の環境を持っており、それごとにサー バーや設定が異なる、ということはよくあると思います。

Read more ...


rotunicodeを使う

いつか使う時の備忘録のために書いておきます。

Read more ...


docker containerに対して直接ansibleを実行する

まだ試作段階ということをご承知おきください。ツッコミ大歓迎です。

Read more ...


CoreOSのイメージ作成

CoreOSは自分でイメージを作成することもできます。自分でイメージを作成す るとパスワードを設定したり、host側に事前にソフトウェアを入れたりと言っ たことができます。(あまり利点が分かってない)

Read more ...


Ansible 1.5リリース

Ansibleの1.5がリリースされました。

Read more ...


riakのhandoffについて調べたこと

source code readingに向けて、riakのhandoffについて詳細を調べることとし ました。

Read more ...


ansibleのログをfluentdに流す

Chef のログを Fluentd に流す という記事を読みました。Ansibleにもそのための機能があるにも関わらず、あ まり情報がないのでまとめてみました。

Read more ...


WiresharkでMQTTパケットを見る

別のLuaプラグインがありましたので追記します。(2014/02/26)

Read more ...


MQTTについてのまとめ

MQTT As a Service: sangoをリリースしました

Read more ...


Ansibleを使ってリモートでコマンドを実行する

前回の記事 でAnsibleが単なる構成管理ではなく、オーケストレーションというところまで 踏み込んだ設計をしているという話を述べました。

Read more ...


Ansibleのアーキテクチャー: 構成管理を超えて

すでに2月ほど経っていますが、2013/11/29にAnsible WorksのCTOであるMichael DeHaanさんが、 Ansible’s Architecture: Beyond Configuration Management という記事を書いています。

Read more ...


pipの使い方 (2014/1バージョン)

以前 pipの使い方 と いう記事を書いたのですが、これは2011年の1月と、ちょうど3年前です。これ から随分変わったので、ここでもう一度まとめたいと思います。

Read more ...


Riak 2.0のPlumtreeを読む

昨年のRiakアドベントカレンダーでしのはらさんが、 Riak 2.0 : クラスタ全体のデータ共有を効率 という記事を書かれています。

Read more ...


2013年を振り返る

なんとなく2013年を振り返ってみます。

Read more ...


dping(Distributed Ping) というものをriak_coreの上で試しに書いてみた

これまでriak_coreに関する記事をいくつか書いてて、その中でdpingという名 前を使っていました。これは実はこの記事で紹介するものを作りたかったため です。

Read more ...


riak_coreのcommandを実装してみる

すでにかなり時間がたってしまいましたが、 前回 ではriak_coreを使 うアプリケーションの雛形を作成するところまでを試しました。

Read more ...


Apache logをparseする

この記事は Python Advent Calendar 2013 の12日目です。

Read more ...


Ansible本を読みました

2013年11月に、PacktPubから、 Ansible Configuration management という本が出版されました。

Read more ...


riak_coreを使ってみる その1

riak はBasho社が作成している分散データベース です。実はRiakはriak_coreという分散処理を行う機能と、riakというデータベー ス機能(Riak K/V)とに分かれています。

Read more ...


Erlang/OTP トレーニング 2013.10に参加しました

仕事とはまったく関係無いですが、Erlang/OTP トレーニング 2013.10に参加してきました。

Read more ...


Ansibleを支えるfact: プラットフォームの情報を取得

なんかそこはかとなくAnsibleが流行ってきているのがかなり意外な感じのr_rudiです。

Read more ...


DigitalOceanを使ってみる

Dockerを調べていて、 Running Docker on Digital Ocean with Ubuntu という記事を見つけて、 Digital Ocean というVPSサービ スがあることを知りました。

Read more ...


サーバーのリソースを見るgostatを作りました

最近go言語を勉強し始めています。

Read more ...


今日からすぐに使えるデプロイ・システム管理ツール ansible 入門

タイトルおよび本文の大部分を shiumachi先生の記事 から拝借しまし た。大変感謝しております。fabric素敵ですよね。

Read more ...


ターミナルでJSONを見やすく表示する方法

しょっちゅう忘れるのでblogにして検索しやすくする。

Read more ...


ansibleでmoduleを作ってみる

引き続きansibleです。今回はmoduleを作ってみます。

Read more ...


ansibleを使ってみる

Chefが猛烈な勢いで流行り始めている今日このごろですが、似たようなものは 世の中にいくつもあります。今日はその中の一つ、 Ansible を使ってみます。

Read more ...


Go言語のTips

今日の GoCon で学んだこと。 (順次更新していきます)

Read more ...


Go言語でコマンドラインオプションを扱う

Go言語でコマンドラインオプションの扱い方について調べました。

Read more ...


Go言語で時刻を

来たるべきGoConに向けていろいろ調査。やっぱり事前準備が重要ですよね。

Read more ...


drone.ioで継続的インテグレーション

継続的インテグレーション(CI)といえば、github + Travis CI が有名ですが、Travis CIはgithubしか使えませ ん。

Read more ...


sphinxでrubyタグを使う

rubyと言っても、 ruby-lang ではありません。HTML5で規定された rubyタグ 、ル ビを振るタグです。

Read more ...


RiakをPythonから扱う

次は使ってみる。公式ドキュメントそのままなので単なる自分用メモです。

Read more ...


Riakを使ってみる

今までまったく使ったことないのに、なんとなく Riak meet upRiak Source Code Reading に参加表明してみたりしたので、Riak を使ってみる。

Read more ...


PDFをBrissでkindle用に余白を切り取る

最近徐々にePubやmobiも増えているのですが、ちょっと古い電子書籍はpdfでし か提供されていないことが多いです。これらのPDFをKindle Paperwhiteでその まま読もうとすると、かなり小さい文字になってしまい、つらいです。

Read more ...


RAZOR M 201M買いました

というわけで、iOS 5からAndroid 4.0にアップデートしてみました。iOS 6は Google Mapが最近出たとはいえ地図があれだからねぇ。

Read more ...


SphinxでCSSのclassを変更する

r_rudiさんから引き継ぎました、 Sphinx アドベントカレンダー 2012 21日目です。

Read more ...


psqlのちょっと便利な使い方

PostgreSQL Advent Calendar 2012 の20 日目です。他の人とは違ってゆるふわ記事です。

Read more ...


TortoiseHgから始めるMercurial (MacPorts編)

TortoiseHg Advent Calendar 2012 の4日目です。TortoiseHg WorkbenchをMacで使ってみましょう。

Read more ...


erchefを動かしてみる(2回目)

前回 作ったerchefを動かしてみようともう一度頑張った記録です。

Read more ...


sphinx-dev MLから

sphinx-dev MLに投稿されてる役に立つメールを訳して紹介してみます。

Read more ...


erchefをmakeしてみた(そして動かなかった)記録

chefのサーバーがちょっと前にerlangになって 公開 されまし た。

Read more ...


Mercurialとnagios,zabbixでコミット回数のグラフを書く

グラフと言ってもリビジョングラフではありません。

Read more ...


wkhtmltopdfでPDFを簡単作成

Sphinxで日本語PDFを作成するには パッチを当てたりtexliveを入れたり と、それなりの準備が 必要です。一度やってしまえばあとは楽なんですけどね。

Read more ...


SphinxCon 2012で発表してきました。

世界初のSphinxに関するカンファレンス、 SphinxCon 2012 で発表 してきました。また、併設イベントの PyCon2012 で当日だけではありますが、スタッフをさせてい ただきました。(あれ、なんか変?)

Read more ...


Dipus - (主にSphinx向け) 全文検索サーバー

Sphinxの検索はデフォルトだとJavaScriptベースであまりいけてないので、 dipusっていうのを作ってみました。これは、Whoosh というPure pythonの全文検索エン ジンを使った全文検索サーバーです。

Read more ...


PostgreSQLでjenkinsとpgTAPを使ってCI

pgTAP というPostgreSQLでのUnit Testを実行するた めのツールがあります。(ちなみに MySQL用に MyTAP というのもあります。同じ作者です)

Read more ...


PostgreSQLの設定 チューニング

PostgreSQL when it is not your job - Christophe Pettus 経由で DjangoCon Europe 2012 で発表された このスライド を知ったので、 メモ代わりに残してみる。件のblogは抜粋なので、ここでは可能な限り全部載 せます。

Read more ...


urllib2でtimeoutを捕まえる

urllib2を使っていて、timeoutを入れたくなりました。で、timeoutが発生し たらリトライをする、といった処理をしたいのですが、このtimeoutがどうい う例外なのかが分かりませんでした。

Read more ...


PostgreSQLでテーブルサイズを得る

自分用のコピペメモです。

Read more ...


fluen.pyを試してみる

fluen.py はみんな大好き fluentd のpython実装です。

Read more ...


PostgreSQL 9.1でJSON型を使う

次にリリースされるPostgreSQL 9.2からは JSON型 が組み込みでサポートされる 予定です。

Read more ...


TortoiseHgとJIRAの(ちょっとした)連携

最近弊社内で JIRA を使い始めてい るのだけれど、これとMercurialを連携できないかな、と探していた。

Read more ...


chef-soloをfabricで実行

chef-soloは簡単なのですが、そのホストで実行する必要があります。いちい ち入って実行するのはめんどいですね。

Read more ...


chef-soloで環境設定

chefはサーバ構成管理ツールです。構成を設定ファイルとして書き残しておき、 chefを実行すればそのとおりにサーバを構築してくれます。また、何度実行し ても同じように構築してくれますし、サーバ構成をいじったとしても修正して くれます。

Read more ...


ブログを移動しました

今まで はてなダイアリー で書いてきまし たが、やはりreStructuredTextで書きたい、ということで日本語ブログの方も tinkerer で書くことにしました。

Read more ...


[pandorafms][postgresql]fluentdとfluent-plugin-pghstoreとpandorafmsでログ収集、可視化、監視を行う

前回の記事 で報告したように、fluent-plugin-pghstoreでログをPostgreSQLに貯めることができました。

Read more ...


[postgresql]fluent-plugin-pghstoreを書きました

fluentdをPostgreSQLのhstoreに書き出せるようにした、 fluent-plugin-pghstore というpluginを作成しました。

Read more ...


[postgresql]PostgreSQL hstoreでKVS

それPostgreSQLでできるよ、第二弾。

Read more ...


[postgresql]それPostgreSQLで出来るよ - twitter_fdw

pyfesで「それPostgreSQLでできるよ」ってつぶやいた手前、ちゃんと試さなければなりません。

Read more ...


[python]pyfes 2012.3に参加してきました。

pyfes 2012.3に参加してきました。pyfesは初めてで緊張しました。

Read more ...


[pandorafms]agentのmoduleを書いてみる

Pandora FMSは監視対象のサーバにAgentを置くこともできます。このAgentはmoduleを実行して、その結果をServerに対して送ります。あ、なんせ使い出して日が浅いものでこの"module"という用語が適切かどうかはわかりませんが、まあ許してください。

Read more ...


[pandorafms]pandora agentを一般ユーザで起動する

Pandora FMSのagentは普通のユーザでも起動できます。(zabbixは現状zabbixユーザ以外では起動できないみたいです) しかし、せっかくの起動スクリプトが su するようになっており、rootパスワードを聞かれてしまいます。

Read more ...


[pandorafms]Pandora FMSを使ってみた

サーバ監視にはnagiosが主流で、最近ではzabbixか、という感じかと思っていましたが、Software Design 2012年3月号で楽天がPandora FMSを使っていると紹介されていました。というわけで、試してみました。

Read more ...


[postgresql]PostgreSQL Conference 2012-02-24 at 品川

午前中、ustで流れていた部分の生ログです。残念ながらちょっと遅れてしまったので、基調講演の最初の方は取れていません。

Read more ...


[sphinx]Kindle4

ちょっと前になりますが、Kindle4買いました。アメリカから。まさかその一週間後に日本で展開するという報道があるとは…まあ、Amazon.comのアカウントが移せればいいんですけどね。

Read more ...


[sphinx] Tinkererを使ってbitbucketでblogはじめました

Tinkerer はSphinxを利用して作られたblogツールです。Sphinxを使っていますのでreStructuredText形式で書くことができます。また、blockdiagをはじめとするSphinxの豊富な拡張機能を使うことができます。

Read more ...


[ゲーム] Army of Darkness Defense

正月は「いまさらかよ」と言われそうですが、iPhoneアプリのArmy of Darkness Defenseをやってました。いや、かなりおもしろいわこれ。

Read more ...