このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFをBrissでkindle用に余白を切り取る

最近徐々にePubやmobiも増えているのですが、ちょっと古い電子書籍はpdfでしか提供されていないことが多いです。これらのPDFをKindle Paperwhiteでそのまま読もうとすると、かなり小さい文字になってしまい、つらいです。

こういうPDFから余白を削除するためのツールとしてKindlizerをただただしさんが作られているのですが、いかんせんいろいろなツールに依存しておりインストールが大変です。macportsでいまだうまくいきませんし、また、ubuntuで試したところ真っ白になったりと、敷居が高いです。

どうしようかなぁ、と思ったときにBrissというツールと出会いました。これはjavaで出来ており、いろいろな環境で動かせると思います。

Ubuntu環境で試したところ、日本語でもまったく問題なく余白を削除で来ました。

こっちが削除前、

../../../_images/normal.png

こっちが削除後。両方共Kindle Paperwhiteで表示したところでスクリーンショットを取りました。

../../../_images/cropped.png

ページ数などが切れており、全体的に大きくなっているのが分かると思います。小さな違いなのですが、これがKindleで読むときに大きく影響します。

使い方

簡単です。

  1. http://sourceforge.net/projects/briss/からダウンロード

  2. 展開

  3. 実行:

    % java -jar briss-0.9.jar target.pdf
    

そうすると、GUIが立ち上がります。最初に

Enter pages to be excluded from merging ...

というウィンドウが立ち上がりますが、除外ページを指定するものです。特に必要なければキャンセルボタンを押して大丈夫です。

あとは勝手に読み込まれ、こんなGUIが立ち上がります。

../../../_images/briss-gui.png

これは、全てのページを透過で重ねたものです。青い四角を動かして、適切な切り抜き範囲を指定します。とはいっても、最初に指定してくれているものでだいたい大丈夫です。

あとは

  1. Action -> Preview を押して確認し、
  2. 問題なければ Action -> Crop PDF で書き出し

ファイル名にcroppedという文字がついた別のファイルが出来たら完了です。

スピードもかなり早く、全然問題ありません。

寄付

超簡単で感動したので File -> Donate から寄付しておきました。Paypalアカウントがあればさっくりできます。

まとめ

KindleでPDFを読む際に余白を削除するツール、 Briss を紹介しました。開発は活発ではないですが、コードも公開されてますし、足りない機能があれば追加していくのもいいのではないでしょうか。あと寄付もね。

あ、ちなみにいじる場合はGPLv3ですので気をつけて。