このエントリーをはてなブックマークに追加

sangoの有料プランを開始しました

ご好評頂いております、GitHubアカウントだけ用意すればすぐにMQTTが使えるようになるMQTT as a Service: sangoに有料のスタンダードプランが導入されました。もちろん無料のプランはそのまま使いつづけられます。

スタンダードプランは

  • 同時接続数: 50
  • TLS可
  • QoS 0, 1, 2 対応
  • 最大メッセージサイズ: 50 キロバイト
  • 月間最大メッセージ数: 120,000

と無料プランに比べてとても実用的です。

さらに、ここまでの機能がついているのに、一月たったの500円(税込み540 円)です。これはお得です!

クラスター対応

そして、スタンダードプランの一番の売りは「クラスター対応」です。

スタンダードプランにお申込み頂くと、接続先が以下のように複数個表示されます。(実際のホスト名ではありません)

../../../_images/sango-standard.png

このどちらに対しても接続可能ですし、pub/sub可能です。つまり、

  • 1台目にSubscribe
  • 2台目にPublish

しても、ちゃんと1台目につないだほうにメッセージが流れます。

例えば、golangのpaho実装では接続先Serverを設定する時にはこうします。

opts.AddBroker("tcp://good1.shiguredo.jp:1883")

AddBrokerというぐらいで、何台でも追加できます。追加した順に接続を試していきます。つまり、仮に一台が落ちていても、他のサーバーが生きていれば接続ができる、というわけです。

(残念ながらこういうインターフェースになっているのはpahoの中ではgolangだけですが、自分でfallbackのコードを書くのは簡単です)

まとめ

MQTTのサービスを提供している、sangoに有料プランが加わりました。TLSやQoS2などの機能に加えて、「クラスター機能」が追加されています。

スタンダードプランを使うことで、単なるお試しを超えた、より実用的なMQTTの機能を使えるようになります。月額500円とお得ですので、MQTTを実運用できちんと使ってみたい、という方には自信を持っておすすめできます。