このエントリーをはてなブックマークに追加

Ansible本を読みました

2013年11月に、PacktPubから、Ansible Configuration managementという本が出版されました。

../../../_images/ansible_book_cover.jpg

100ページと軽い内容で、ざっくり読んで見ました。

目次

内容としては以下の通りです。

  • Chapter 1: Getting Started with Ansible
  • Chapter 2: Simple Playbooks
  • Chapter 3: Advanced Playbooks
  • Chapter 4: Larger Projects
  • Chapter 5: Custom Modules

内容紹介

Chapter 1: Getting Started with Ansible

まずAnsibleのインストールの仕方の紹介です。pip以外にyumなども。

それからInventoryファイルの作成と、setup moduleを使ったansibleの動作確認について。

Chapter 2: Simple Playbooks

基礎的なPlaybookについて。

  • ターゲット設定

  • 変数

    vars_fileやvars_promptまでも紹介されています。

  • task

  • handler

  • module紹介

すべてが広くカバーされています。特にmodule紹介でset_factも紹介されているのは応用が効く点でポイント高いです。

あ、assembleモジュールを使ったauthorized_keyの追加が紹介されているのですが、実はそのものずばりのauthorized_keyモジュールがあったりします。

Chapter 3: Advanced Playbooks

asyncとpollによる非同期実行についてまず紹介されています。

asyncが「終了まで待つ時間」、pollが「チェックする間隔」で、待つ必要がないならasyncではなくpollを0に、というあたりとかも言及されています。

また、with_itemsによるloopやwhenによる条件判定などもきちんと説明されています。

変数の説明ではinventoryのgroup指定を引っ張ってこれるとか知らなかったです。他にはlookupやregisterによる値の格納なども重要ですね。

Chapter 4: Larger Projects

大規模で使うために、playbookのincludeやroleなどを説明しています。

あとはtagも大事ですね。

Chapter 5: Custom Modules

shellとpythonの両方でのモジュールの作り方を説明しています。

さらにはinventoryの作り方までも説明されています。

まとめ

Ansible本の軽い紹介を行いました。

100ページぐらいで英語も平易でかなり読み易かったです。内容もAnsibleの使い方のほぼすべてをカバーし、さらに細かな注意点も述べられている上にモジュールの作り方までも言及するという、かなり良い内容となっています。

惜しむらくは1.3ベースで書かれているため、その後に追加されたモジュールや機能については触れられていません。これはAnsibleは開発が早いので致し方ないところです。

また、基礎的なところを網羅的に、という観点で書かれているため、すでに使い始めている方には物足りないかもしれません。しかし、Ansibleの使い方を一通り学ぶための最初の本としてぴったりな一冊だと思います。