このエントリーをはてなブックマークに追加

JIRAのコマンドラインツール、jira-cliを使ってみる

Atlassian Advent Calendar 2012の22日目です。

JIRAはWebでの操作がやりやるいのですが、コマンドラインで叩きたいときもあります。そこで、Python製のコマンドラインツールのjira-cliを軽く使ってみましたのでご報告します。

インストール

% pip install jira-cli

初回起動時にURL、ユーザー名、パスワードの設定を行います。

% jira-cli
base url for your jira instance (e.g http://issues.apache.org/jira): https://jira.example.com/jira/
enter username: r_rudi
enter password:
Usage:
------------------------------------------------------------------------------------------
view jira: jira-cli BE-193
view multiple jiras: jira-cli XYZ-123 ZZZ-123 ABC-123
add a comment: jira-cli -j BE-193 -c "i am sam"
create a new issue: jira-cli -n bug -p BE -t "i am sam" "and this is
my long description
ending
here"
------------------------------------------------------------------------------------------

jira-cli: error: jira id must be provided

パスワードなどは~/.jira-cli/以下に保存されます。

なお、中ではXML-RPCを使っているようです。

使い方

基本的にはUsageで書いてある通りです。

課題を見る

% jira-cli HADOOP-9158
status               : Open
reporter             : jonallen
summary              : Tidy up fs -help
assignee             : jonallen
link                 : https://issues.apache.org/jira//browse/HADOOP-9158
issue                : HADOOP-9158

複数でもOKですし、日本語表示も問題ありません。

また、-fでフォーマットを指定できます。

% jira-cli HADOOP-9158 LOG4NET-234 -f "%status,%reporter"
Open,jonallen
Open,vande

どういう情報を指定できるかは--helpで見れます。

課題作成

% jira-cli -n bug -p BE -t "i am sam" "and this is"
-n
課題タイプ
-p
プロジェクト設定
-t
課題タイトル

フィルター

JIRAで保存したフィルターを使って課題リストを引っ張ってこれます。

% jira-cli --filter=bug

まとめ

JIRAのコマンドラインツール、jira-cliを使ってみました。

てか、ごくごく最近作られたツールで全然荒削りです。subcommand使ったほうがいいんじゃないかなぁ、とか思ったりするのですが、必要十分な機能は備えているのではないかと思います。